• 経費精算処理を便利に行なうなら

    企業活動の業務において、経費精算処理は多くの営業担当者が面倒に感じる事項だといわれています。


    出張をした際の旅費精算処理や、日々の業務交通費の精算、あるいは客先へ訪問した際の手土産を購入した際の精算処理など、いろんな経費精算処理をする必要があります。

    社内所定のマニュアルにのっとって作業をすることになりますが、細かい規定を十分に理解したうえで処理する必要があるため、正しい処理ができているのか把握が難しい面があります。また、精算処理をチェックする総務および経理関係の社員にとって、精算処理の締切前後というのはかなり雑多なチェック作業が必要になります。

    経費精算ついてはこちらのサイトでご確認ください。

    どの企業でも各種精算処理というのは手間がかかってしまいます。



    そこで、最近では経費精算用の専門ソフトを導入する企業が増えてきています。
    交通費や日当など一定の法則を登録しておけば、少ない入力処理のみで精算処理が完結して非常に便利なソフトが増えてきています。

    もちろん導入には費用がかかりますが、精算する営業担当者側の手続きが簡略化するだけでなく、チェックをする経理部門担当者の負担も軽減することができます。

    また、最近はクラウド型のソフトが主流になってきていて、外出先からデータを入力して精算処理を進めていくことができる大変便利なものも増えてきています。


    経費精算用ソフトは結構たくさん販売されているので十分比較して自社の体制に即した適切なソフトを選びましょう。