• 煩わしい経費精算手続きを簡略化できる

    経費精算システムを取り入れていない会社で経費を精算する場合は、領収書と一緒に手書きで書き込んだ申請書を提出する方法や、経費の金額や内訳を入力した表計算ソフトを添付した電子メールを担当者に送信する方法などがあります。

    ターゲットに応じた経費精算について解説いたします。

    こういった方法の場合は申請書と領収書の内容に違いがないかを確かめた上で、もう1度入力して経費として計上することが必要です。
    特に、もう1度入力する作業は経費処理を担当するスタッフの手を煩わせることになります。ところが経費精算システムを導入することによってスタッフがそれぞれ申請内容を直接、経費精算システムに入力することになるので、もう1度入力する手間をかける必要がありません。
    そして作業プロセスを減らすことによって間違いが少なくなります。



    自分の会社に経費精算システムを取り入れることによって負担が軽減されるのは、経理を担当するスタッフだけではありません。何故なら経費精算システムは経費を申請する作業を簡略化させることが可能となるため、申請書が利用しにくく面倒臭いという理由で経費の申請手続きを後回しにしたスタッフの手間や苦手意識を抑えることが可能です。近頃ではスマートフォンから入力することも出来る場合もあるので出張先や営業先からも経費を申請することが出来ます。また簡単に承認作業も行うことが出来るので、出張などで上司が不在であっても承認作業が滞ってしまうトラブルを避けることが可能です。