• 経費精算の仕方を考える

    多くの会社にとって、社内の経費精算が大きな労働作業になってしまっているケースがあります。

    経費精算に今、注目が集まっています。

    それぞれの従業員が経理担当者に自分が立て買えた分を逐一報告して、そのたびに経理担当者が会社内の決まった形式に沿って、それを処理します。


    ですが、こうした作業はそれなりに従業員の数が増えてくると、経費精算だけに莫大な時間を割かれてしまいます。ほとんどの会社では毎年の業務内容はそこまで代わるものではありません。
    つまり経費精算の作業内容もそれほど多きく違うものではないのです。

    毎回同じような作業を何度も継続して行うただの単純作業のために、経理担当者を働かせてしまうことは、会社側から見れば人件費の無駄使いにも見えます。



    出来ることならば機械的な作業は機械的に簡単に処理したほうが良さそうです。

    そこで最近では経費精算のためのクラウドサービスが人気を集めています。このサービスは今までのように経費を立て替えたら逐一、経理担当者に報告するのではなく、クラウド上のフォームにしたがって必要な項目を打ち込んでいく作業になります。



    そうすれば、入力後に経理担当者がそれを確認して各従業員に立替分を精算するやり方です。

    これならば、経費を立て替えた人も、報告にかかる時間が短くなりますし、経理担当者はまとまったデータを見て、一気に処理する事が出来るので従来に比べると処理にかかる時間がずっと短くなります。


    こうした便利なシステムを使って生産性を上げることも考えて見ましょう。

  • 経費精算の納得の真実

    • 経理を担当している人が悩みを抱えている経費精算の業務での問題は、私的な支出をつけ回したり過大に経費を申請したりすることです。そこで経費精算システムを導入して、即時に申請することを徹底させることによってリアルタイムで確認することが出来るようになり不正がないかどうかを確認する業務が迅速に行えます。...

  • 経費精算のおすすめ情報

    • 経費精算システムを取り入れていない会社で経費を精算する場合は、領収書と一緒に手書きで書き込んだ申請書を提出する方法や、経費の金額や内訳を入力した表計算ソフトを添付した電子メールを担当者に送信する方法などがあります。こういった方法の場合は申請書と領収書の内容に違いがないかを確かめた上で、もう1度入力して経費として計上することが必要です。...

  • 経費精算の最新情報

    • 企業活動の業務において、経費精算処理は多くの営業担当者が面倒に感じる事項だといわれています。出張をした際の旅費精算処理や、日々の業務交通費の精算、あるいは客先へ訪問した際の手土産を購入した際の精算処理など、いろんな経費精算処理をする必要があります。...

  • 経費精算の大人の常識

    • 従来の経費精算手法には、非効率な部分が多々あったことは否めません。非効率な部分の代表として、例えば作業の二度手間があげられるでしょう。...